『地域×アートの可能性』をテーマに講座を行うスクールプログラム

HIKONE ART SCHOOL #5 大原大次郎氏

「HIKONE ART SCHOOL」とは、6日間連続して様々分野で活躍される
トップクリエイターを彦根市にお招きし、市民や地元の学生および、HACに参加する
美大生に向けて『地域×アートの可能性』をテーマに講座を行うスクールプログラムです。

イベント情報

HIKONE ART SCHOOL #5 大原大次郎氏

日時:8月26日(日) 10:00〜12:00
会場:彦根市商工会議所 4F 大ホール
定員:先着30名様 (応募者多数の場合抽選)
費用:無料
申込方法:下部の応募フォームより必要事項を記入の上ご応募ください

複数プログラム応募可能ですが各プログラム毎にご応募ください。

他プログラムと会場が異なります。ご留意ください。

講師プロフィール

大原大次郎 / Daijiro Ohara
1978年神奈川県生まれ。グラフィックデザイナー。2003年武蔵野美術大学基礎デザイン学科を卒業後、〈omomma〉を設立。。タイポグラフィを基軸とし、エディトリアル、CI、宣伝美術、パッケージデザイン等に従事するほか、展覧会やワークショップを通して、言葉や文字の新たな知覚を探るプロジェクトを多数展開する。近年のプロジェクトには、重力を主題としたモビールのタイポグラフィ「もじゅうりょく」、風景の中から文字の原型を探るフィールドワーク〈文字採集〉、スケートボードに彫られた文字を身体や環境要因によって変化させていく彫刻「文字に乗る」、写真家・ホンマタカシによる山岳写真と、登山家によるルート図を再構築したグラフィック連作「稜線」、音楽家・蓮沼執太とラッパー・イルリメと共に展開する、発声と書字のパフォーマンス「TypogRAPy」、美学校での講座「デザインソングブックス」などがある。共著に『稜線』『ハロー風景』。受賞にJAGDA新人賞、東京TDC賞など。 http://oharadaijiro.com

問い合わせ先

HAC運営事務局
mail:hac@m-inc.jp
10:00〜19:00 土日・祝除く

応募フォーム

募集要項の注意事項に全て同意の上で応募をお願いいたします。

Date