本格カフェのあるボルダリングジム「グッぼる ボルダリングCafé」

「スポーツクライミング」をご存知ですか?
何十種類とある「クライミング」のうちオリンピック競技となったリード・スピード・ボルダリングの3種類が「スポーツクライミング」となります。2020年のオリンピック競技に追加され、今最も注目されているスポーツの一つです。
そんなボルダリングができるお店が南彦根にあると聞き、さっそく行ってみました。

「グッぼる ボルダリングCafé」とは?

ドアを開けると、おいしいコーヒーの香りが迎えてくれます。
そこにはボルダリングやアウトドアのグッズがズラリ。

オーナーである由井辰美さんはアンティークがお好きということで、店内にはヨーロッパの50年代60年代の素敵な家具がたくさん。
2階はカフェスペースになっており、コワーキングスペースとしての利用もできます。

ジムへの扉を開くと、大きなクライミングウォールが!
初心者向け~上級者向けと、たくさんのコースがあります。
クライミングのための数々のトレーニング道具もズラリ。

またここでは、スラックライン(ベルト状のラインを利用したスポーツ。綱渡りのようなもの)という、スポーツも体験できます。

由井さんは現役クライマー。
教えるのがとてもお上手で、由井さんに指導してもらうために他県から来るお客さんもいるそうです。

ボルダリング×カフェCrucrow

なぜ「ボルダリングジム」と「カフェ」なのか。
由井さんは「クライマー同士、コミュニケーションを取れるように」とおっしゃっていました。
ボルダリングのことはもちろん、リラックスして人生相談などもできる空間になっています。

また、カフェで使われている豆やエスプレッソマシンは実際にヨーロッパで使われているものを仕入れています。
クライミングの本場であるヨーロッパ。
お客さんが世界の岩場へ挑戦しようと思った時、その地でも同じ注文の仕方で同じ味を楽しめるようにと、クライマーのことを考えられています。

世界を知ることができるボルダリング

飛行機が飛ぶ様子がデザインされたお店のマーク。
そこには「飛行機で世界中のいろいろなものを見て、体験する」という意味が込められています。
由井さんは十代の頃から単身で海外へも出かけていたそう。そんな由井さんのモットーは「人のやらないことにこそ価値がある」です。
異文化に触れることは自身を知るためにもとてもいい経験となり、真似出来ない希少な体験ほど価値があり尊いはず。遠くへ行くほど素敵な出会いがあり、素敵な人生を送ることができるんだと話してくださいました。

力を使わないスポーツ

ボルダリングに興味があっても、「力に自信ないし・・・」「運動神経悪いからできないだろうな・・・」と思っている方も多いのではないでしょうか。
実はボルダリングは、他のスポーツと比べて「力を使わないスポーツ」なんです。
登る、と聞くと腕の力を使うと思われがちですが、実際は腕の3倍強い足を使って登ります。逆に腕を使ってしまうとすぐにバテてしまうそうです。
だから、力に自信があるから余裕!と思ってきた人が思っていたよりできなかったり、本当に登れるんだろうか……と不安を抱えてやってきた人がスラスラ登れたり。
そんな意外性もみなさんがボルダリングにハマる理由の一つなんです。

写真は、ボルダリングにトライするお客さん

実際に体験してみると、体力テストが万年Dである私にも登ることができました!
今まで運動が大の苦手だった私ですが、自分にもできたことがとても嬉しく、あっさりハマってしまいました。

一歩踏み出してみる

グッぼるではスタッフの方にフォームを一からわかりやすく説明してもらえます。
シューズやチョークもレンタルできるので、動きやすい服装をするだけでOK。
みなさんも新しい世界に一歩踏み出してみてはいかがですか?
きっと人生を彩る素敵な経験になりますよ!


グッぼる ボルダリングCafe

滋賀県彦根市小泉町34-8
TEL:0749-29-0405
営業時間:平日 16:00~23:30/土日祝 11:00~21:00 [休]月(祝日なら翌日)
グッぼる ボルダリングCafe:http://goodbouldering.com/

(市民ライター:園山景子)

Date