彦根に集え

HACの舞台となる彦根を、場、食、文化の3つの視点で深掘り。
地元目線で彦根の魅力をお届けします。

麺は麺でも個性派ぞろい。今なお進化し続ける、ちゃんぽんとラーメンの専門店3軒

彦根の麺類といえば、近江ちゃんぽんが有名。昭和38年創業の「麺類をかべ(現・ちゃんぽん亭総本家)」がその元祖と言われるが、じつはちゃんぽんに限らず、...

旬な情報が行き交い、新しいことに出会える場所

美味しいランチも自慢のアトリエキッチン「VOID A PART」

場所は彦根市の南部。おだやかな田園地帯の広がる琵琶湖岸を車で走るとふと目に止まる、前面のガラス張りが印象的な白い建物。2016年の春にオープンした...

  • 文化

金箔押しで伝統工芸の体験を。彦根仏壇の現在、過去そして未来

仏壇と聞いて抱くのはどんなイメージだろう? 仏教、線香の香り、おばあちゃんち……。 ふだんは縁遠い存在かもしれない。ただし、彦根に来るとちょっと...

彦根城へ行こう!お城巡りで知る、この地の歴史と物語 

彦根のまちは、お城を中心にしてできている。そう言っても過言ではないほど、お城を起点にしたまちの形が江戸時代からそのまま残っているのだ。 築城当...

  • 文化

清凉寺で坐禅体験。日常の喧噪を忘れて「無」になるひとときを

彦根は、お城を中心に栄えた城下町だけあって文化の香り豊かなまちだ。江戸時代より彦根を治めてきた井伊家にゆかりのあるお寺も多い。清凉寺もそのひと...

彦根に来たら、ここに集え!地元の人に愛されるディープな3軒

旅先でいい食事処を探すのはなかなか難しい。いわゆる“観光客向け”の高価な店ではなく手頃な値段で、でもしっかり地元の味を楽しみたい。できることなら地元...


市民ライターが彦根の魅力を発信

HACや彦根にご興味のある市民のみなさま自身で、彦根周辺を取材し、魅力を発信していく。
地元目線で歴史ある彦根のまちをご紹介します。

  • 市民

島そのものがご神体!? 「多景島」の魅力

多景島は、彦根市から約6.5kmほどの湖上に浮かぶ周囲約600mの小さな島で、島全体が日蓮宗見塔寺の境内となっています。弥生時代から島そのものが御神体として...

  • 市民

ウエイトレスは200歳!?彦根の老舗レストラン「フレーバー」

彦根に引っ越して来て30年近くになりますが、ずっと気になっていたレストランがあります。 昭和レトロな昔のレストランというイメージでどう見ても時代遅れ...

  • 市民

手づくりの和菓子でほっと一息。和菓子処「さわ泉」で彦根のおいしい旅の思い出を

現代、とくに若者の間では、和菓子より洋菓子の方を好む傾向がある。さらに、和菓子自体が苦手だという人もいる。その理由として多く挙げられるのは、「...

  • 市民

彦根の自慢!いなえ味噌

「安心して食べられるものが欲しい」飽食時代と言われる現在、そうは思っていても実際に満足できる食材だけを食べている人はどのくらいいるでしょうか。...

  • 市民

本格カフェのあるボルダリングジム「グッぼる ボルダリングCafé」

「スポーツクライミング」をご存知ですか? 何十種類とある「クライミング」のうちオリンピック競技となったリード・スピード・ボルダリングの3種類が「スポ...

  • 市民

お宝発見のお店!!創業100年を越える老舗金物店「ずゞ平」

みなさん、「金物屋さんってどんなお店?」って思われませんか。 今回ご紹介させていただくお店は、彦根市の橋本商店街にあります「ずゞ平」さんです。 も...

  • 市民

ディープ彦根の秘密基地・ダンスホール紅花物語

「ちょっと見てほしい場所があるんだけど」 そう言ったのは、私が市民活動でお世話になり、時々お店のお手伝いもしていた料亭の若旦那だ。 彦根では、芹川...

  • 市民

コーヒーハウス・アップルジャム、時代を歩いた集いの場

彦根市元町、県道沿いで自転車を走らせていると、ひときわ目立つ赤い屋根とうす黄色の壁の家が建っていた。思わず走らせていた自転車を止め、店の前に立つ。...

  • 市民

彦根城を訪れるもう一つの楽しみ、ストレイキャット

今、ドラマや歴史ブームなど様々なメディアで熱い彦根城だが、たまには史跡を見上げる視線を少し下げて、足元を見てみるというのはどうだろうか。 というわ...

  • 市民

「鮎」と共に「歩」む木村水産

戦後間もない頃は難しいと言われていた琵琶湖産鮎の養殖に挑戦し、成功した企業が彦根にあった。戦前から琵琶湖の湖魚を商い、老舗「あゆの店 きむら」...

  • 市民

彦根に唯一残る銭湯「山の湯」。破風造りの玄関をくぐると、タイムスリップした感覚に。

138年前、明治12年(1879年)に創業した銭湯、山の湯。 明治12年というとちょうど琉球藩が沖縄県になった年。まだ東京に鉄道が引かれ始めたばかりの...

  • 市民

お手頃なアンティーク着物がずらり!古美術と古布のお店「松居」

物があふれている今の時代、スーパーやコンビニで手軽に物が手に入る。「新しいもの」にふれる機会に私たちは恵まれている。しかし、たまには、「スーパーや...

1 / 212