彦根に集え

HACの舞台となる彦根を、場、食、文化の3つの視点で深掘り。
地元目線で彦根の魅力をお届けします。

旬な情報が行き交い、新しいことに出会える場所

美味しいランチも自慢のアトリエキッチン「VOID A PART」

場所は彦根市の南部。おだやかな田園地帯の広がる琵琶湖岸を車で走るとふと目に止まる、前面のガラス張りが印象的な白い建物。2016年の春にオープンした...

  • 文化

金箔押しで伝統工芸の体験を。彦根仏壇の現在、過去そして未来

仏壇と聞いて抱くのはどんなイメージだろう? 仏教、線香の香り、おばあちゃんち……。 ふだんは縁遠い存在かもしれない。ただし、彦根に来るとちょっと...

彦根城へ行こう!お城巡りで知る、この地の歴史と物語 

彦根のまちは、お城を中心にしてできている。そう言っても過言ではないほど、お城を起点にしたまちの形が江戸時代からそのまま残っているのだ。 築城当...

  • 文化

清凉寺で坐禅体験。日常の喧噪を忘れて「無」になるひとときを

彦根は、お城を中心に栄えた城下町だけあって文化の香り豊かなまちだ。江戸時代より彦根を治めてきた井伊家にゆかりのあるお寺も多い。清凉寺もそのひと...

彦根に来たら、ここに集え!地元の人に愛されるディープな3軒

旅先でいい食事処を探すのはなかなか難しい。いわゆる“観光客向け”の高価な店ではなく手頃な値段で、でもしっかり地元の味を楽しみたい。できることなら地元...


市民ライターが彦根の魅力を発信

HACや彦根にご興味のある市民のみなさま自身で、彦根周辺を取材し、魅力を発信していく。
地元目線で歴史ある彦根のまちをご紹介します。

  • 市民
  • NEW

「鮎」と共に「歩」む木村水産

戦後間もない頃は難しいと言われていた琵琶湖産鮎の養殖に挑戦し、成功した企業が彦根にあった。戦前から琵琶湖の湖魚を商い、老舗「あゆの店 きむら」...

  • 市民
  • NEW

彦根に唯一残る銭湯「山の湯」。唐破風造りの玄関をくぐると、タイムスリップした感覚に。

138年前、明治12年(1879年)に創業した銭湯、山の湯。 明治12年というとちょうど琉球藩が沖縄県になった年。まだ東京に鉄道が引かれ始めたばかりの...

  • 市民
  • NEW

お手頃なアンティーク着物がずらり!古美術と古布のお店「松居」

物があふれている今の時代、スーパーやコンビニで手軽に物が手に入る。「新しいもの」にふれる機会に私たちは恵まれている。しかし、たまには、「スーパーや...

  • 市民
  • NEW

お寺の中にだるまが3000個!?龍潭寺のご住職に真相を聞いてきました

龍潭寺で行われる「だるままつり」は、3000個のだるまを御堂に並べ、健康で一日でも長く暮らせるように延命長寿等をご祈祷するまつりです。 元禄時代に、一...

  • 市民

彦根に集え!「市民ライター」募集のお知らせ

彦根の街の魅力を地元目線で発信していくコーナー「彦根に集え!」で、あなたのお気に入りスポットを紹介してみませんか? ●彦根に集え!について 「...